もしものとき

死の告知を受けたら
●家族や主だった親戚に伝える。
●本人に会わせたい方をリストアップする。
●氏名、間柄、住所、または電話、勤務先に電話する。
●本人が死亡したら何がわからなくなるか、考えてみる。
●貯金通帳や生命保険証。
●趣味の書籍、骨董品、コレクションなど
●本人が何を希望しているか考えてみる。
本人・病院との関係
●担当医師と連絡を取り合い、病気の進行状況や医療方針を十分把握しておく。
●病人の身体的、精神的状態とはどんなものかを理解し、末期ケアに臨む。
●医療方針などについての本人や家族の希望があれば伝える。
●肝臓や角膜などの臓器提供、献体を希望するときはあらかじめ申し出ておく。
必要な事柄を取りまとめておく
●葬儀をどこで行うか、決めておく。
●斎場・寺院・自宅・集会所。
●ご遺体の搬送先は自宅か、斎場か。
●葬儀をどこに依頼するか決めておく。
●民間斎場で行うときは斎場を保有する葬儀社に依頼する。
●どのお寺さんに来ていただくかを、決めておく。
●菩提寺に連絡する。
●菩提寺が遠くにあるときは、近くの寺院を紹介していただく。
●菩提寺が分からない時や、同じ宗旨宗派の寺院が近くにない場合は、葬儀社に手配を依頼する。
●遺影写真を準備しておく。
●なるべくピントのあった表情のよい写真。
●背景を消したり、服装は変えることができる。
●葬儀の予算をある程度決めておく。
●葬儀費用(葬儀社)、お布施(寺院)、飲食接待費(料理・引出物・宿泊費)に大別される。
●お墓、仏壇、香典返しなどは一般的に葬儀費用に含まれない。
●日本では葬儀費用の大半は香典で賄われている。
●香典収入を概算で予算化する。
葬儀社から聞かれる事柄
●葬儀社から聞かれることを、とりまとめておく。
(生年月日・年齢・住所・喪主・世話役などの役割分担・予算・希望式場・会葬予定者数
・親戚縁者の数・家紋・宗教・経歴)
本人の意向がある場合
●葬儀の飾りつけ。
●お葬式に呼ぶ人、手伝い、弔辞奉読者。
●棺に一緒に入れてほしいもの。
●形見分けや寄贈・援助・献体など・お墓、法要など。
お見舞いの記録
●お見舞いに来ていただいた方(金品等)を記録する。
※退院したときは内祝いを届ける。
※死亡したときは、香典返しに加算する場合もある。